img- ヘリテージ認定証
 初めは講義を聞いて学ぶなら、大丈夫だと甘く見ていました。(笑)
6ヶ月で月2回の大学等でのスクーリング そして現地調査 そして文献や資料からの推理的な洞察
とても奥が深く、茅葺きから近代へ  今から50年以前の建物の中で歴史的景観の価値等 。
西暦と邦暦~   歴史と年号  どんな時代   さっぱり分からず (汗)

NHK BSの朝の連ドラ30分  盛岡の老舗の旅館と大阪商家 以上の年代の差
講義を1回休むと、レポートA4版で、 3~4枚の提出 3回休むと落第 また来年再受講と、
とてもハードルは高い 仕事等で2回の休みで崖ぷちでした。
落第寸前からレポートを書き上げ、卒論的な所見書も、仲間に助けられて何とも言えないギリギリ感

自分の生きてきた6倍以上の歴史の深さ、重さ、など歴史的建造物の歴史に、自分の知識や経験値の無さ
本当に気づかされました。 でも古い文化や歴史の紐解きが、楽しくなってきました。
P1070205