住宅診断からスタートした店舗併用住宅

基礎と地盤の強度不足で、リフォームでは無理と判断して、将来を考えて建替えをお願いしました。
不安を取り除く事が、プロとして問われます。

大きな幹線道路沿いであり、大型車通過によって、建物が揺れると言う不安を抱えていました。
この不安を解消するには、基礎の強度を補強しても地盤補強が必要なのです。

ここで問題なのは、建物を支える地盤の強度

どんなに強固な基礎をしても、基礎を支える地盤が安定した強度が無いと意味がない。
中越沖地震で調査した家は、柏崎市の海岸沿いで地盤の液状化によって基礎が傾いていました。
基礎上の建物は、大きな被害がなかったですが、基礎下の地盤の強度が問題だったのです。

しっかり住宅診断することと、その判断をしっかりお施主さんの身になって
分かりやすくお伝えして、理解して頂くことが大切なことだと考えています。

P1040152P1040259