今春4月着工予定で春日山謙信大通り沿い    設計中です。
築36年の1階店舗、2階住宅の建物
現地調査をさせて頂き、リノベーションの予定でしたが、
基礎の強度や、地盤の強度不足等で将来的に考えて建替えを提案しました。

20年前建物の場合 建物の増改築で問題になるのは、基礎と地盤の強度不足
基礎の補強には、色々な工法がありますが、どうしても普通の基礎に比べて高額になります
地盤の補強となると、もっと深刻
建物本体の強度を上げると、地震時に基礎との接合(土台と基礎)に大きな引抜きの力が掛るようになり
基礎の破壊となってしまいます。
そこで全周を面で柔らかく固める事で、計画的に減震させた方が建物の倒壊を防げる
建物の倒壊を防ぎ、人的被害を防ぐことが一番大切だと考えています。

建替も大規模リフォームも建築の専門家として、責任を持ち、住宅の現状を真摯に受け止め、

お客様に分かりやすく、安心安全を叶えていきたいと考えています
P1030486