今夏、7月28日~30日3日間 上越総合技術高校 建築デザイン科 建築システムコースの2年生、2名がインターシップで当社にて職場実習を行い、今日がその報告会でした。 報告書の表紙には、右上に弊社での実習風景の二人が掲載されていました

2014-11-10 17.45.51

2人が一組で3日間、その会社の就業体験実習作業から、
将来の自分の職業選択の参考にしてもらいます。

笑顔が素敵な二人には将来、建築士になって欲しいですね
3日間の実習課題は、自分の自宅を前もって作図してもらい、10~20年後にリフォームする設計を課題にしました。 祖母や両親と一緒に住むことが前提で、親の加齢を考えての高齢者住宅へのリフォーム
自分で、考えたことを図面にして言葉で伝える。
将来の夢を形にする建築士の第一歩でした。
興味のある身近な課題に、やる気スイッチが2人共入り、
2日間、家で夜遅くまでプランを考えたとの事

設計の大変さと楽しさに、建築の奥深さを感じたようでした。
Oさんは、10年後には、建築士になって、友達の美容室を設計する計画
Mさんは、インテリアコーデネーターになって、北欧家具をメインにデザインすると明確な目標まで話してくれた。

将来が楽しみな二人が、私のところまで来てくれて夢に向かって一歩づづ進んでいる様子。 「おかげさまで、図面をしつかり伝わるよう意識して書くようになりました。 意識したら今まで以上に楽しい」 気づきが伝わって本当に嬉しい1日でした。

P1030208
P1030206