上越タイムスに、にいがた産業創造機構(NICO)の自社の新しい取り組みや、新商品を報道記者に伝える広報の実践に参加した記事が掲載されました。P1030115
恥をかきながら 前に進めていきます。自分が今まで33年間の住まいの設計経験から、
子育て、育児のことや親の一人暮らしから自分の実家が空き家になっていく未来を見据えて

どうしても、伝えたいこと それは、

自分が経験した過去を、これからの若い世代の方に、
あなたにも、起きるうる未来の予測として考えてもらい、
その時に対策を考えるのではなく、今から予防していく
ことの大切さをお話ししたい。

家族がみんなHappyな暮らし方できるのか?

まだ、詳細を詰めています。
ひとり暮らしの親をつくらない事が、将来の空き家をつくらない一歩です。
「自分の親をひとり暮らしにさせない」 親の子を思う気持ち

親と子をこころで紡ぐことで、30年後の家族の幸せを叶えてあげたい。

img-Y01105659-0001