P1080926 P1080927
屋根下の空気取り入れ口 ステンレス網を木スリット止め   下からの収め エアーインテーク

P1080947 P1080969
屋根との間に入った空気が、上部でゆっくり暖まります。  屋根面から熱効率を高める為に気密シール
P1080959 P1080962
暖まった空気は、この断熱ダクトに集められます。  煙を逆流させて、屋根からの空気の漏れをチェック
P1090057 P1090045
同じ時間 軒先から煙が噴出しています。     屋根からは何も煙が出ませんでした。検査1発合格

柿崎区の3世代の住宅改築、 冬でも天気次第で、日中屋根面温度は、50度を超えます。(雪が少ない地域限定)
オート温度センサーが、温度を検知して室内へ空気をダンパーを制御して、暖まった空気をダクトで床下のコンクリートに熱を蓄熱させます。
夏はこの反対に、床下のコンクリートの冷えた空気を、室内へ循環させたり、屋根下を通って冷やしながら熱を放出させます。
この工法は、換気扇が1台のみで、電気代も台所の換気扇程度です。
機械に頼ると、機械の保守、修理が必ず掛ります。 出来るだけ自然エネルギーを使いたい。
この工法を、設計、施工できるのは現在当社だけです。

太陽光発電が増える中で、シンプルで太陽光の約1/3~1/5のコストです。

興味のある方はぜひ 環境創機、「そよ風 」で検索して見て下さい。
もっと詳しい事が良く分かります。